片方の鼻が臭い、でも蓄膿症じゃない【求む!守護霊のアドバイス】

太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

片方の鼻が臭い、でも蓄膿症じゃない【求む!守護霊のアドバイス】

今日は「片方の鼻が臭い、でも蓄膿症じゃない【求む!守護霊のアドバイス】」というテーマです、、、

実は、この数年悩んでいる症状がありまして、それがこの「鼻が臭い」というものなんです。
冬になると、急に鼻から嫌なにおいがする日があって、そうなるともう食事も臭くて食べられないくらいでして、、、
今年に入って、「実はにおいは片側だけからしている!」ということに気が付いてからは、鼻栓をしてなんとか食事をしているという状況です。

鼻うがいをしてもダメ。
医者には蓄膿ではないと言われ、途方に暮れています。
風邪のときのにおいとは全然違うんですよね、、、
ネットで、奥歯がなんとか(上歯顎洞炎?)って見かけたりもしたんだけど、もうなんかよくわからん、、、

ということで、もうなんか辛すぎて、お守護さんに相談してみました。
この鼻の匂いについて、守護霊はどうアドバイスするのか。
もうここまでのブログと毛色が違い過ぎる気もしますが、背に腹は代えられぬ。
いきましょう。助けてくれ!

☆ ☆ ☆

お守護さん、、、

何かしら?というか、私限定なわけ?(笑)

いや、少しでも優しくしてもらえたらと思って(笑)

はいはい、で、何かしら?

鼻から嫌なにおいがするんですよ。
片方の鼻、というか、もうずっと左の鼻限定なんですが。
すっごい臭くて、とてもつらいんです、、、
毎日じゃなくて、大丈夫な日もあるんですけどね。
鼻をすすったり、鼻をかんだり、「フッ」と鼻で笑ったりしてなることもあるし、何もしてないのに急になったりしもます。
こうなると食事は鼻栓してなきゃ味が臭くなってしまって食べられないし、日常生活もかなりストレスな感じになっちゃって、、、
数年前から、この症状は冬になるとたまにあったんですが、今年はひどい。
7月になっても発生するなんて、、、
何年か前に同じ症状で耳鼻咽喉科にかかったんですが、原因不明、蓄膿ではないと言われるし、、、
この前対話後に高熱を出したとき(この記事『考えの連鎖を断ち切るにはどうしたらいい?【決意と丹田と踵がものをいう】』のとき)、鼻の症状もとっても良くなったんですが、また復活しちゃったんですよね。
関節痛はあの後からもう全然痛くなくなったのにな、、、
と、お守護さんはわかってるでしょうけど、一応大まかなところを説明してみました。

大変そうね。
瞑想なさい。

ん?

瞑想。
お話は、一度、心を落ち着かせてからね。
軟酥の法から入って、そのまま瞑想しなさい。

なるほど。

(瞑想により、一時中断)

瞑想より帰ってまいりました。
ただ座ってただけですが(笑)

どうかしら?

なかなか気持ちよかったです。
久しぶりの軟酥の法&瞑想だった気がする。
といってもこの数年、時間感覚がよくわからない感じになってるから、ついこの間やったのに久しぶりな感じがしてるだけかもしれないけど。

それで、お鼻はどうなのかしら?

鼻は、、、
何か、ツンとした痛みがありますね。
においは、、、ちょっとしてます。
でも少し軽くなったかも?
探さなければ、あまり感じないような。
なぜか、喉の奥が焼けてる感じがする。

探さない、というのは大事なことね。
注目すれば、それは大きく感じられる。

注目するとひどくなるんですか?

注目すると、大きく感じられるのよ。
虫眼鏡でどこを見るかという話。
ひどくなるかどうかではなくて、拡大されるかどうかということ。

なるほど。
注目すれば拡大されて、、、結果としては、「ひどくなった」という経験をするわけですね。

そうとも言えるわね。
あなたの経験の大部分は、あなたが何を拡大しているか、ということで決まる。

すべての種が存在し、何に水をやるかで経験が決まる、みたいな?

詩人ね。
それはいいとして、丹田に意識は降ろしているのかしら?
以前そうアドバイスしたわね。

それはいいとして?(笑)
えー、丹田ね、、、いやー、まぁ、、それが、、、orz

時々気づいて試してみているくらいね。
もう少し頻度を上げられるといいのだけれど。
あなたも気づいているでしょうけれど、頭に気が昇っていると、その症状は起きやすくなる。
イライラや落ち込みがきっかけになっていると感じることが多いでしょう?
ストレスは体に大きな影響を及ぼすのよ。

ストレスか、、、
ストレスがなくなったら、鼻のこのにおいもなくなります?

なくなるわよ。

おっ、まじで?
え、本当に?
珍しく言い切りますね。

あなたにとっては珍しく感じるのかもしれないわね。
わたしには迷いはありません。
あなたが迷いを受け入れているだけ。

まぁ、そりゃそうか。そういうものか。

あなただって、迷う必要はないのだけれど。

いやーでも、正解を知らない状況では、迷って当然という気も、ね?

正解の種類によるわね。
あなたが今、ここで何をどうすべきかということについては、正解は常に示されている。
あなたの心、気分にね。

気が乗るかどうか、ということですね?

そういうこと。
最も、心が雑念だらけでは、何に気が乗るのかを感じることすら困難でしょうけれど。
雑念を払い、恐れを払しょくすることね。
それには瞑想、丹田への意識が役立つの。
わかっていると思うけれど。

そうですね。
わかってはいるけど、気を取られちゃうんですよね、いろいろ。

とりあえず、丹田、そして下半身への意識を高めなさい。
自分の中心を下げること。
気づいているかしら?
あなた、気が昇っているときには姿勢が前かがみになり、肩や首に力が入り、全身が固まっているわよ。
顔にも口にもかなり力が入っている。
・・・・・・わね。

え?

書かないの?伝わっているでしょう?

いや、だっt

「かっこ悪いわね」と言っているの。

、、、orz

ほら、今もよ。
中心が上に行きすぎて、姿勢が悪くなり、力が入っている。

あぁ、確かに!
あ~こういう感じね。
確かに上の方に何かが集まってて、変に力んで姿勢悪くなりましたね、今!

そういうこと。
逆に、丹田に意識を持っていけないときは、すでに姿勢が悪くて、力が入っているということもある。
リラックスして、丹田に意識を保ちなさい。

わかりました、、、

何か言いたそうね。

いやぁ、えー、、、
何か、何だそれって言われそうですが、丹田に意識持っていっていると、他のことできないというか、物をあまり考えられないというか、、、
日常生活が、ね?

あら、そう?
頭が蒸発して混乱した心で何かをしたり考えたりしたいのね。
それって、大変な日常生活になるんじゃないかしら。

というより、今、そんな日常生活を結果として受け取っているのよね、あなた。
そんなことにもまだ気づかn、、、
、、、
言い過ぎたかしら?

ぐうの音もでないっすね(笑)

冗談よ(笑)
楽しく話せてよかったわ。
鼻のにおいに関しては、気にせず、心を整えて、気が乗ることをしていきなさい。
できるだけ気を頭に昇らせないように。
いいかしら?
何が原因なのか、どうすればいいのか、ということで悩まないこと。
「医者に相談してはいけない」などということではないわよ?
そうすべき時には、そうしようという気持ちになります。
それ以外の時に、わざわざ気をもむ必要はない。
鼻のにおいに注目せず、丹田を意識するようにして、できるかぎりストレスを抱え込まないで生きなさい。
精神的に過ぎる助言に聞こえるかもしれないけれど、役に立つはずよ。

わかりました。
鼻に注目せず、今、何に気が乗るのか、ですね。
思えば、「気が乗ることをする」というのは、もう何度も言われていることでしたね。
はい、改めて指針にしていきたいと思います。
よし。
これで、早く治るかな!

もしかして、理解不足なの?

冗談です(笑)
はい。
「治るかな」とか鼻に注目するんじゃなく、直感に、本心に従っていきます。

笑いをありがとう(笑)
知らないうちによくなるわよ。
治ったのかな?なんて、注目したり試したりしないようにね。

肝に銘じます。
では今日はこの辺で!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!
スポンサーリンク

コメント

  1. ゆきを より:

    いや~、さっそく来ちゃいましたよ! 一気読み、しちゃいましたよ!

    密かに復活を期待してたけど現実に起こるとは!

    感激を越して、感動に近いかも。 あのやり取りがまた見れるなんて!

    前サイトは、おさらい用に大事にブックマークしてるんですけど、ここぞという時のための辞書のような感覚になってたんで…。  油断してたわ~。

    はるこんには、以前にコメント欄で伝えたこともあるんですが、みちみちの中のやり取りは、自分にも言ってもらってる、と思えるほどの何かがあるんですよね。
    (勝手に参加してる感じで申し訳ないッス)

    今回の再開に関しては、乗り遅れで今日からの参加ですが、これが僕にとってのベストのタイミングであるはずです。

    一通り読みましたけど、今回も内容が深くて、濃ゆいわ~。
    前回同様に何度も読み返さなければ…。

    とにかく再開してくれて、素直に嬉しいです。

    頑張ることなく、無理のない程度でのアップを楽しみにしております。

    これからもヨロシクです。では~。

    • はるこん より:

      ゆきをさん、こちらにもコメントいただいてありがとうございます。
      急に始まったかと思ったら、確かに濃いですよね(笑)
      最近はさらに濃すぎて、書くにも書けないという、、、
      時間を作れるときに少しずつ書いていきますので、また気が乗るときにのぞいてみてくださいね(^^)