「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験②

未来を思い出す

「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験②


今回は「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験のつづき(第2弾)です。
前々回、守護霊の指示(=自分の本心)で、大鈴佳花さんという方の『夢が本当にすぐ叶う「引き寄せ脳」の作り方』という本を読んだと書きました。(↓こちらの本です)

著者の大鈴さんは、「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せるということをこの本に書かれているんですが、僕自身本当にそういう経験がありまして。
その実体験について、前回は「未来を思い出した」ところまで書いたので、今回は未来のイメージを見てからどうだったかというお話です!

※前々回の記事はこちら⇒『夢が本当にすぐ叶う「引き寄せ脳」の作り方』(大鈴佳花著)の感想と対話

※前回の記事はこちら⇒「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験【本当の話】


(前回の続き)

「自分の仕事場があって、そこにお客さんが来てくれて、そこで楽しく仕事をしている」

その理想的な未来のイメージを見てから、そして、それがいい!無理やりにでもそうしたい!と思ってから、たくさんの奇跡が続きました。

本当に、驚きの連続!

まず、急に直感がすごく働くようになって、決断も速くなってね。

見た未来のイメージに近づけよう近づけようとひたすら動くことができました。

まぁそれまでの停滞がだいぶストレスフルだったからね、これだ!という方向が見つかって、溜まっていたエネルギーが一気に一か所に流れた感じだったのかな。

なにしろ、否定的な意見を押しのけちゃうくらいでしたからね。
(すべての意見を調和させたがる僕にとって、これは珍しいこと)

実はイメージを見た後、奥さんに「今後は自分が行くんじゃなくて、仕事場を持って、こっちに来てもらうようにしたい」って熱く語ったんです。

もうイメージが素晴らしすぎてね、テンションも相当上がってて。

そしたら奥さんは、「それは、一度仕事が軌道に乗ってからのほうがいいんじゃない?」って(T_T)

「そっか、、、orz」

って、その時はちょっと意気消沈したものの、どうしてもイメージの方向に近づけたいという気持ちがおさまらなくて。

自分で改めて計画し、算段をつけ、その後は相談と言うよりも宣言しました。

僕はこうします!って(笑)

そうやって、自分の気持ちに、理想のイメージを叶えることにまっすぐになってからは、もう奇跡、導きのオンパレードでした。

自分の仕事場を持つにはテナントとか借りなきゃだよなと思っていたんですが、以前見ていた「カイルXY」という海外ドラマに、自宅の一室を仕事場にしてる主人公の保護者のシーンがあったのを思い出して。

これいいじゃん!自宅の一室が仕事場!って。
(これも当初反対された。確かに僕の仕事内容的には少し無理があったけど、押し通した!)

で、そういったことが可能な間取りの物件を探して、すぐに見つけて即決、即引越し!
(急な退去だったから違約金も払った!そして奥さんの実家の近く住むことになった!)

その後、

集客について、たまたま通った整体の先生からその土地特有のアドバイスがもらえたり、

義父が知り合いの印刷屋さんを紹介してくれて広告の製作がスムーズにいったり、

奥さん(まだ結婚前)が公務員を目指すのやめて僕と一緒に仕事をしてくれることになったり、、、

予想していなかった動きがたくさん起こって、さらにそれらをことごとく心を開いて受け入れていってね。

そうやっていろいろ動いた結果、、、

ついに!

新天地での!

仕事の依頼が!!

きたー!!!

やった!!!!

ほぼ1年間の無収入状態が、やっと終わった!
(それまでは本当に、苦しかった、、、!)

今現在である「未来のイメージ」を見てから、ここまでおそらく3か月くらいだと思います。

9か月間全然動きのなかった人生が、「未来のイメージ」を見てから3か月間足らずで一気に変わった!

すごいよね!

、、、って、ここまでならね、まぁ、とはいえ普通?
(僕にとっては驚きの連続だったけど)

でもね、最大の奇跡はまだこれからだったんです。

その最大の奇跡はね、自宅アパート兼仕事場で仕事が始まって数週間したころだったかな、、、

これはもうね、本当に、奇跡としか言いようがない。

信じられない展開が起こったんです。

実はね?みんなの制止を振り払って自宅アパート兼仕事場を完成させて、どうにかやっとスタートを切ったわけですが、、、

ちょっとだけね、あの日見た未来のイメージと違ったんです。

もうちょい、もうちょい良い感じだったんだけどな、、、

理想と現実はこんなもんかな、、、

資金を貯めれば、いつかもっと理想に近い建物に移れるかな、、、

とかね。

その時はもう「今とても素晴らしい流れが起こっている」というのはわかっていたから、もちろん感謝の気持ちでいっぱいではあったんだけど、ちょっとだけね、そう思っていたんです。

そしたらね、急に義父が。

建築関係に明るい人である義父が。

まだ数えるほどしか会ったことのない義父が!

「仕事場、建ててあげようか」

え?

「うちの庭でよければ、仕事場、建ててあげるよ」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!????

お義父さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!

(つづく)


PS(最後のメッセージ

起こるすべては、最善の道の上。
この話を書いていたら、その思いがより強くなりました。(叫ぶほど)

大変な時期ってあるけれど、それもきっと、素晴らしいことにつながっています。
あなたの光が増すよう、元からの輝きに気づくよう、応援しています!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!

☆短いQ&Aをツイッターで実施中!(※詳細⇒「短いQ&Aを始めます」)

質問する。匿名メッセージサービス「マシュマロ」へ
最新の回答をみる。Q&A専用twitterへ

・質問は匿名メッセージサービス『マシュマロ』へ ⇒ 『マシュマロ』みちなるみちに(Q&A)

・回答はツイッター(Q&A専用アカウント)へ ⇒ みちなるみちに(Q&A)

スポンサーリンク