現象の外にいて、思いをもとに脚本をつくり、現象を体験している存在

太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

現象の外にいて、思いをもとに脚本をつくり、現象を体験している存在

昨日の話をもう少しみてみよう。
あなたは自分の思いが100%反映されて脚本が形作られ、その脚本通りに自分の思いを体験すると言ったね。

そうですね。

現象として体験する思いと、脚本を形作った時の思いは同じだと。

そうです。

そこから導き出されたのは、自分の思いは世界の外にあるという答えだった?

そうです。
脚本を形作る、そして現象として体験する思いというのは、現象の中ではなくて、まず外にあるはずです。
現象世界の外にある思いが、形而上から脚本をつくり、そのまま現象として体験される。

だからあなた自身も現象の外にいるはずだと。

そうです。
脚本をつくり、現象を観ている僕は、この世界の外にいるということになります。

それはあなたとは違う存在なのかな。
別のあなた?

違います。
それがこの僕なんです。
それがこの僕だし、現象として現れている思いも体験も、僕を表現したものなんです。
だから、、、

だから?

僕はここにいる、ということもできる。
これもやはり、僕だから。

あなたは、現象の中で思ったり、体験したりしているわけではない?

僕は現象の中で思ったり体験したりしているように見えるし、しかもある意味ではそうなんだけれど、、、
それは、すでに選ばれたものの反映、、、

何か、引っかかっているね。

いや、どうしても、、、説明しようとすると時間性が入ってきちゃうんですよ。
僕が気づいたのは、「思い即世界」というか、、、
「思い即脚本」であり、「脚本即現象」なんです。
「外即中」というか、、、
逆もまた真なりで。

では、あなたとは「現象の外にいて、思いをもとに脚本をつくり、現象を体験している」存在だとしよう。
そんなあなたとは、どういった存在なのかな?

そう、そこがね、、、

今の、このあなたの話だよ。

そう、、、この、これね、、、
これは、、、
いやもう、、、なんなのかわかんないっすね、、、

だが、「あなたに何ができるか」というのはわかるかな?

そう、、、ですね。
そうだな、、、
わかる気がします。

あなたは思いによって、世界を創ることができる。

その通り。

神と同じ能力だ。

ちょっ、、、そういうフレーズはやめません?
神の定義がひとによってまちまちだし、しかも、若干、神に人っぽいニュアンス入ってますよ?

神に人っぽいニュアンスが入っているのが、あなただからね。

まぁ、、、そりゃ僕はどう考えたって人っぽいけど、、、

だからあなたは時間を超えている。

「だから」の意味がもうね?
ってか何この急な展開?

あなたはその思いによって世界を創っている。
そして、その世界という体験から得たフィードバックをもとに、思いを変化させている。
形而上では、脚本が次々と変化する。

(つづく、、、というか、12時過ぎたので、いったん寝ます!)

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!

☆短いQ&Aをツイッターで実施中!(※詳細⇒「短いQ&Aを始めます」)

質問する。匿名メッセージサービス「マシュマロ」へ
最新の回答をみる。Q&A専用twitterへ

・質問は匿名メッセージサービス『マシュマロ』へ ⇒ 『マシュマロ』みちなるみちに(Q&A)

・回答はツイッター(Q&A専用アカウント)へ ⇒ みちなるみちに(Q&A)

スポンサーリンク