「考え」はどれくらい人生に影響を及ぼす?【思考と現実の相関関係】

太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

「考え」はどれくらい人生に影響を及ぼす?【思考と現実の相関関係】

前回の
小麦+グルテン不耐性(という考え)=守護霊と対話できない状況
で話題に出ましたけど、「考え」はどれくらい人生に影響を及ぼすんです?
思考と現実の相関関係というか、実際のところ?

どのくらいだと思うかな?

んー、まぁ、例えばおみくじで大吉引いた人なんかが、「いいことあるぞ」って考えを持ちながら生活していれば、それはやはり物事の中の「いいこと」の側面を見出しやすいってことはあると思います。
逆もそうで、「悪いことありそう」と思いながら生活していれば、物事の「いやな」側面を見出しやすいでしょうね。

それで?

それで、、、まぁ、物事から「いいこと」を見出しながら生きていれば、それは「考え」と「人生」の間で良い循環が生まれますよね。
思考と現実のよい相関関係というか。
「いいこと」が見つかり、「いいことあるぞ」って考えになり、また「いいこと」が見つかるみたいな。
そうやって「考え」がよい解釈、よい世界観で満たされていると行動も変わっていくから、結果的に、「考え」と「事実としての人生」ともども、かなり良い方向に流れるということはあると思います。
その逆は、ちょっとつらくて言葉にできないな(笑)

では、あなたにとって、「考え」はどのくらい人生に影響を及ぼしていることになるのかな。

こう考えると、結構影響は大きいと言えるかもしれない。
あーじゃあ、、、
僕が「小麦を摂るとダメになる」と思っているのも、そういう証拠を見つけて、さらにそういう考えを強化するという流れにつながっちゃってるわけか。
ってかこれ、さっき「つらくて言葉にできない」って書いた方のやつじゃん、、、orz
まぁ確かに「小麦食べたから、そろそろ関節痛来るかな、、、あ、少し来た気がする!これ、痛いよね?痛いぞ?お、来た来た!いってー!あーやっぱやばいわ小麦!!」
みたいな思考回路してますもんね。
こう書くとなんかバカみたいだな(笑)
、、、でも、、、

でも?

うーん、でも結局、歩けないほど関節が痛くなったり、いろいろ炎症が起こったりするのは事実なわけです。
解釈とか世界観じゃなく。
そういう意味では、「考え」の影響力が大きいのは確かだとしても、変えられない事実はあるというか、、、
事実を前にすれば、「考え」が人生に及ぼす影響は限定的だとも言える気がします。
もちろん、いい考えがいい行動につながり、それがいい事実にまでつながる、ってことの影響力を軽く見るわけじゃないですけど、、、

そうだね。
あなたが知る事実は、あなたの「考え」を通して知られる。

だから、あなたの「考え」は人生に大きな影響を及ぼす。

え?

もう一度言おうか。
あなたが知る事実は、あなたの「考え」を通して知られる。
だから、あなたの「考え」は人生に大きな影響を及ぼす。

え、、、
あれ、なに急に、、、
「そうだね」とか言いながら、それだと僕が説明してたのと全然違う意味で「考えは人生に大きな影響がある」ってことになるんじゃ、、、?

対話ならではだね。
素晴らしい前説をありがとう。
そしてあなたの話したことと「全然」違っているわけでもない。
あなたが思っていたより、少しばかり考えの影響力は大きかったというだけのことだ。
さて、あなたの言ったことと、私の伝えたことでは何が違うと思ったのだろう?
はっきりわかるかな。

えー、さっき、
「事実を前にすれば、「考え」が人生に及ぼす影響は限定的だとも言える気がします」
って書いた通り、
僕は、「事実」というものがあって、それへの「対応」としてというか、対するもの、あるいは別物としての「考え」というものを想定して話していたわけです。
解釈とか、世界観とかね。
でも守護さんが言っているのは、「事実」は「考え」を通して知られる、と。
それはつまり、知られた「事実」というのは、最初から「考え」だってことになるわけですよね。
「事実」=「考え」というか。
「考え」は事実の周辺でふわふわと(とはいえ小さくはない)影響を及ぼすものではなく、
知られた「事実」のところからすでに「考え」だという、、、

そうだね。

ですよね、、、でも、、、えー?どういうこと?
知られた「事実」は「考え」?
僕にとっての小麦はどうなるんです???

そこは、あなたが言っていたこととそう変わらないよ。
小麦によって関節痛が起こる。
そう思っていれば、それはそういう経験になる。

結局そうか、、、
ってか、ん?
知られた「事実」が最初から「考え」なら、「考えの影響」って何なんです??

知られた「事実」が最初から「考え」だということは、
あなたが知る「何か」は、すべてあなたの「考え」だということだ。
あなたの「考え」には、あなたなりの見方が含まれている。
あなたなりの傾向、ということだね。
あなたが「何か」を「知る」とき、「考え」に含まれているそれは、知られるその「事実」に大きな影響を及ぼす。
あなたは「あなたなりの傾向」を「事実」として知り続けている、と言ってもいい。

「考え」が、、「事実」に、、影響、、、?
僕は「僕なりの傾向」を、「事実」として知り続けている、、、?

さらに言えば、あなたの「考え」は知られた「事実」の後からも、同時にも、前からも、大きな影響を及ぼす。
何が起こったのか、何が起きているのか、そして、何が起こるのか。
そのすべてで、「考え」である「あなたなりの傾向」は、知られるその「事実」に大きな影響を及ぼしている。

それって、、、
「後から」のほうはわかるけど、、、
同時、ってか、前から、、、??
えぇ、、、?

何か言いたそうだね。

いや、だって、、、
関節痛とか、いろんな炎症とか、、、
まずその「事実」が、、、「僕なりの傾向」としての、、「考え」?
この、すっごい辛いのが?(ちょうど今!痛い!)
そんなこと、あります??
しかも、それが、、、前から??
事実として現れる前から、「考え」の影響を受けて、、、?
そんなこと、、、
だって、もしそうだとしたら、、、

断ち切ろう。

は?

断ち切ろう。
考えの連鎖を。

考えの連鎖を、断ち切る?

(続きます、というかちょっと休憩。思考回路がショート寸前、、、orz)

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!
スポンサーリンク