「存在するすべてで決めている人生脚本」を撮り直すことについての実例

太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

「存在するすべてで決めている人生脚本」を撮り直すことについての実例

さて、じゃあいきましょう。
今回は、前回の終わりで言ったように、「人生脚本をどう撮り直すか」という話になるのかな?

そうだね。
「存在するすべてで決めている人生脚本」を撮り直すことについて、対話しよう。

お願いします。
じゃあ単刀直入に聞きますが、撮り直しって、本当にできるんですか?

できるよ。
今日だって、あなたはいろいろと撮り直した。

今日?何を撮り直したんです??
僕はそれに気づいているんですか?
って聞いてる時点で気づいてないよな(笑)

今日は、水道工事があったのだね。

ありましたね。
近所で作ってる新しい家のための水道工事があって、数時間断水だったんです。

なかなか大変だったようじゃないか。

そうなんですよ。
数日前に、僕の家が工事の影響範囲の一番下に位置してるから、終わりに水をちょっと出してもらうかもしれませんって言われてたんです。
で、今日ね、出かけて帰ってきたら、工事の人がすごい勢いでうちの外の蛇口から水を出してて。
あぁもう工事終わって断水終了の確認に来たのかなと思ったら、、、違ったんです。

続きが気になるな。
冗談だが。

(笑)
じゃあ、以下工事屋のお兄さんと僕のやり取りを公開します(笑)

☆ ☆ ☆

僕 「ご苦労様です。もう終わったんですか?」

お兄さん 「あ、そうですね。後は水を出して空気抜くだけで」

なんだ早いじゃん、と思いつつ荷物を車から家に運んでいると、お兄さんが近づいてきた。

お兄さん 「あのーちょっと、水道料金があの、いくらか上がるかもしれないですけど、ちょっとなんでね、、、あんまり変わらないと思いますけど、びっくりしないように局の方から伝えておくように言われたんで、そういうことでお願いします。」

僕 「え、うちが費用もつんですか?」

お兄さん 「そうですね。」

僕 「そんなことあるんだ。水道局も承知で?そうなんですね、、、」

お兄さん 「あれでしたら、メーターの外でやりましょうか?」

僕 「(できるんかい!と思いつつ)すぐ終わるんなら別にあれですけど、どのくらいかかるんですか」

お兄さん 「えーと、30分くらいみてもらえれば、、、」

僕 「30分!?この量を、、、30分???いや、それはやばいっすね」

お兄さん 「あっ、わかりました。じゃあメーターの外でやるように段取りしてきますね」

そう言って、お兄さんは水を出しっぱなしで工事現場へ。

僕は立ち尽くしたまま、流れ続ける大量の水。

結局メーターの外で一時間近く放水。

僕が帰ってこなくてあのままうちで出し続けてたら、費用どんだけかかるんだよ、、、

と思いつつ終了。

☆ ☆ ☆

以上です。
で、、、僕、これ、何か撮り直しました??

最初あなたは、怒りかけたね。

そうですね。
まぁ仕方ないことなら受け入れるんですが、別の方法もあったうえに、お兄さんがね、はっきり説明しなかったのも嫌で。

申し訳なさそうな雰囲気ではないこともね。

そうですね(笑)
こう言うのもなんですが、もうちょっと配慮した雰囲気がほしかったな。

それでも、あなたは怒らなかった。

そうです。
昨日の今日であれですが、「これも脚本の一部で、了承済みなわけか」と思い直して。
自分も一緒に作り上げた脚本なら、起こることには何かしら理由があるんだろうし、これはこれでいいんだろうと思ったんです。
だからまぁ、お兄さんの人生を応援しましたよ。心の中で(笑)

そう、それがまさに撮り直しだ。

これまでの自分なら怒るところを、怒らなかったってことが?
それとも心の中でお兄さんを応援したことが?

解釈が変わったというところがね。
解釈が変わったということは、その状況の認識の仕方が変わったということだ。
認識のカメラで映し出すものが、怒りから受容や応援に変わった。
その変化には、あなたが思っているよりもはるかに大きい影響力がある。

あぁなるほど、怒りを映し出しちゃうところを、受容を映し出すほうにシフトしたわけか。
、、、でも、これだって結局「人生脚本」の一部なわけでしょう?
そうやってシフトすることさえ決まっていたというか。
ってか、その意味ではシフトしてないとも言えるんじゃないかな。
もともと受容するようになっていたのならね?

まだ、形而上で決まったことが、その次に現象化すると思っているね。

あっ、、、そうか。
違うのか、、、

形而上では、今、すべてが同時に存在している。
今、すべて同時に起こっている。
そして今、何が起こるか決まっていっている。
あなたが今、何をどう思うかで、脚本の全体像が変わるのだ。

(つづく、、、たぶん)

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!
スポンサーリンク

コメント

  1. ゆきを より:

    いや、ホントに難しいわ~。
    自分の知識と想像力の限界を感じずにはいられないわ~。

    撮り直しって聞くと、過去の「あの瞬間」を改めて撮影するって想像してしまうのよね~。

    解釈が変わったっていうのも、もう言葉の中に時間の経過を感じずにいられないし。

    「撮り直し」より、ただ単に「成長」とか「バージョンアップ」した!の方がしっくりくるもんね。

    「形而上では、今、すべてが同時に存在している。
    今、すべて同時に起こっている。
    そして今、何が起こるか決まっていっている。
    あなたが今、何をどう思うかで、脚本の全体像が変わるのだ。」

    この最後の文章からは、過去、現在、未来などすべてが同時に存在してる。って意味もあるんだろうけど、今(現在)を強調されてるから、なおさら線型的になっちゃうね~。

    でも新たな知識と発想が増えるのは嬉しい限りです。

    次回も楽しみにしております。

    • はるこん より:

      ゆきをさん、コメントありがとうございます。
      定義が人によって違うから、言葉って難しいですよね。
      言葉を見ると、解釈が自動的に出てきますし。
      ホント難しいよなって思います。
      楽しみにしていると言っていただいて、ありがとうございます(^^)