「予期」と引き寄せの関係【不要なものを引き寄せたくない時の解決法】

太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

今回は『「予期」と引き寄せの関係【不要なものを引き寄せたくない時の解決法】』というお話です。
このところの悩みの種である「鼻トラブル」についての相談中に、なぜか引き寄せの法則の話題になりまして、いろいろと気づきのある対話になりました。
「不要なものを引き寄せない」って重要。ほんとに。
今回は、「予期と引き寄せの関係」以外にも「表面の意識と無意識と自分の関係」、「気づきであるということ」など、いろいろ話が飛びました。
「よく願うことができない間は、引き寄せの法則など使えない方が安全」とも言われたし。
なかなか大変だったな…
では、以下がその時の対話です(黒太文字が守護さん)。長いけど、どうぞ!

「予期」と引き寄せの関係【不要なものを引き寄せたくない時の解決法】

左の鼻の異常な臭いが治ったり、トラブったりを繰り返しています。
もう本当に嫌だ…
どうして?そしてどうしたらいいんです?

ストレスは一つの原因だろうね。
心的なストレスばかりではなく、外的なストレスもある。
寒さと乾燥は鼻に負担がかかるのだ。

そうですね、、、この鼻トラブルは冬に多いですもんね。
でも今年は夏にもなったから、一年中トラブってたけど、、、orz

そして、どうしたらいいのか、という問いにはすでに答えてあるね。

そうですね。
気にするなと。
そして軟酥の法(なんそのほう)や瞑想、丹田など、違うことに集中しろと言われました。
(参考:片方の鼻が臭い、でも蓄膿症じゃない【求む!守護霊のアドバイス】意識しないようにする方法【可能なのか?それが他人であれ、体の異常であれ】
で、そう言われてから、かなり軟酥の法やら瞑想、丹田は意識してると思います。
でもね、、、鼻を気にしないようにできているかと言えば、それはできてないですね。
どうしてもなぁ、、、気になっちゃうんですよ。
特に、治っても再発を予期しちゃう感じがあって。

そうだね。
実際、あなたは鼻トラブルの最中よりも、調子が良いときのほうが鼻を気にしている。
そしてあなたも薄々気がついているだろうが、「予期する」ということは、その予期したものを現実に引き寄せるということだ。
予期している最中にも経験は始まっているのだから、その時点で現実になっている。

あぁー確かにそうとも言えるかもしれない。
治っても、また再発するかな、、、とかね。
変なにおいしてないかな、、、とか探しちゃったり。
そうやって「再発してる感じ」や「変なにおい」を予期したら、その予期の最中はもうそれを経験していると。頭の中で。
ですよねー。
頑張ってそうしないようにしてるつもりではいるんですが、、、難しい。
なんでなんだろ。

鼻トラブルの最中のほうが、安心しているね。

え?いや、、、
あーでも、、、安心か、、、
確かにそうかもしれない。
だってトラブルの最中は、もう心配することないし。
すでに鼻が臭いのに、「鼻、臭くなっちゃうかなぁ」とは思いませんからね。
大丈夫な時だからこそ、「ダメになったらどうしよう」と思うわけで。

ないものねだりだね。
トラブルの間は健康をねだり、健康なときはトラブルをねだる。
そしてその通りの人生じゃないか。

いや、健康時にトラブルはねだってませんから。
そりゃあトラブルの間は健康をねだってますが。

ではなぜ、健康な時にトラブルを予期するのかな?

それはもちろん心配だからでしょう。

予期すれば、よくなるのかな?
頭の中で、トラブルを先取りして経験することで?

えっと、、、

トラブルを予期し、心配し、ストレスを溜め、異常を探して、それで健康になる?

なんかそう言われると、僕の頭がどうかしてるみたいじゃないですか、、、orz

どうかしているのだよ。
いつも何か探している。
鼻に限ったことではない。
不安の種、怒りの種、優劣感の種。
自分で要らないと思っているものの種を探し続けている。
それで「よくなる」と信じているかのようにね。
あなたはそれを正常と言うのかな?

、、、むぅ、、、

探すなら、せめて幸せの種を探したらどうかね。

そうは言っても、幸せの種だって探してませんかね、、、

あなたは幸せな時に、幸せを感じているだけだ。
それはそれでいいがね。
だがそれは「探しているかどうか」ということとは違う。
今伝えている「探す」あるいは「ねだる」ということは、何かを予期し、頭の中で経験するということだ。
頭の中で先取りして経験すれば、それは何かしらの形で現実に反映される。
世界に何を見て、何を妄想しているか。
それがあなたの経験を決めていくのだ。

妄想か、、、
でも、でもですよ?
なんだかかなり『引き寄せの法則』系のお話になってますが、表面の意識ってそんなに大きな影響力あります?
「予期すると、それが現実になる」って、それは大げさだと思うな。
『引き寄せの法則』というものが事実だとしても、それは無意識の領域も含めて、かなり広くて複雑なプロセスを経ていると思います。
その中で、表面の意識で思うことなんて大海に起こるさざ波くらいのものなんじゃないかな。

まるで、あなたは表面の意識でしかないかのような言い草だね。

え?

予期しているのは誰かな。

僕でしょ。

予期しようと思って予期した?

いや、予期しちゃっ、、、て、、、

あなたが予期したのかな?

いや、なんつーか自動的、、、あぁ、そうか、、、
しまったな、、、

気づいたかね。
あなたはあなたの言う「表面の意識」が自分だと思っていた。
背後には、無意識の領域には自分は関わることができないという前提もある。
その論理の中で「表面の意識」に影響力がないと思うのは、自分には影響力がないと思うことと同じだ。
あなたは起こることを受け入れるしかない立場、言ってみれば被害者になる。
自分の現実について、自分には責任がないという立場だ。

そう、、、なりますね、、、
でも、あれ?
今僕は「表面の意識」すら自分だとは言えないってことにも気づいたんですよ。
それはただ自動的に起こっているだけだってことに(もうこの気づき何度目、、、orz)。
でも、そしたら僕って、、、何なんです?
むしろ守護さんが今言ったような、「起こることを受け入れるしかない立場」にさらに近づくような気がするんですが。

あなたはすべてを超えている。
表面の意識も、無意識も、すべてあなたの中にある。

そう言われてもな、、、
それが何を意味しているのかっていうのがよくわかんないというか、、、

意味というよりも、それは事実なのだ。
その事実でありなさい。
「気づきであれ」と伝えているね。
気づきはすべてを超えている。

あぁ、それ最近ずっと言われてますね(日常的なインスピレーションでね)。
そうかー「気づきはすべてを超えている」、か。
だから「気づきである」ということが、「事実としてすべてを超えている僕である」というのと同じ意味になるわけね。
「気づきはすべてを超えている」ってのは、まぁ確かにわかるはわかります。
なるほどそういう論理ね、、、

最近、思ったことが現実になると思わないかな。

、、、?
まあ、なくはないです。
特に鼻なんてそうだし。
その他にも、いいこと嫌な事含め、「予想通り」みたいなのは多いかも。

なぜだろう?

いや、わかんないっすね。

瞑想、軟酥の法(なんそのほう)、丹田意識。
それらはすべて、あなたのいう無意識をシンプルにしている。
現実化のプロセスが、あなたの想定ほど複雑ではなくなっている。
願いが叶いやすくなっているのだ。
良くも悪くもね。
その中で「予期する」ということの影響力は大きい。

なんと、、、
え、でも表面の意識は全然シンプルじゃないんですけど、、、
瞑想しててもごちゃごちゃなときもあるし。
しかも、さっきも言いましたが、鼻についての「予期」だって、したくないのに勝手にしちゃうわけで、、、
この状況で「願いが叶いやすい」とか、むしろ困ります。

そうだね。
「よく願うこと」ができない間は、引き寄せの法則など使えない方が安全だ。
勝手に動き続けるあなたの心が、いつも何をとらえ、あるいは描いているのか。

「よく願う」ためには、それを知り、超えることだ。
超えているのが元々事実なのだから、本当は、本来の自分であるだけでいい。
だが、そのためには注意深くあらねばならない。
今はまだ、心に翻弄されるのが習慣になっているからね。

なるほど、、、なるほどね。
じゃあ、勝手に動く心に気づいて、というか、気づいている本来の自分に戻って、そこから意識的に違う心に変えればいい?
幸せの種を探す系の?

その必要はない。
探すなら幸せの種の方がいいのはもちろんだが、もともと何も探す必要がないのだ。
ただ気づきでありなさい。

瞑想を日常に広げなさい。
それだけで、不要なものはなくなっていく。
それだけで、気持ちは軽くなる。
それだけで、幸せにも気づくだろう。
トラブルを予期したとしても、もう気にならない。
それはただの、消え去る一つの思考に過ぎないとわかるからだ。

なるほど、、、予期を気にしなくなるのか、、、
ってことは、気づきであれば、不要なものは引き寄せなくなると。

そうだね。

でも、「それだけ」って簡単に言いますが、「気づきである」ってなかなか大変なんですよ、、、

大変ではないだろう。
忘れてしまうだけさ。

まぁ、、、いや、その意味で大変っていうか、、、まぁいいか、、、orz

気づきである間は、気分もよく、リラックスしていて、心は落ち着き、明晰だ。
幸せを感じてもいる。
それのどこが大変なのかな?

そんないいことずくめな感じかな(笑)
大変なのは、すぐ揺れ動いちゃうというか、囚われちゃうというか、、、
それに気づきであると何もできないし考えられないというか、、、

気づきであるとは、どういうことを指すのかな?

気づいていること?
って答えになってないね。
えー、何をしているかわかっていること、かな。
って言ってもな、、、んー、、、
実際の思考や行動があるとして、それをしていることが明確にわかっているというか。
ん?でも何かから離れている感じもするような、、、

思考から?

あぁ、そうか。
そうですね。
思考に気づいているときは、それから離れている感じなんだ。
で、行動に気づいているときは、思考なしで、意識がぴったりくっついている感じなわけだ。
余計な事考えず、ただ行動に専念する感じというか。
いずれにせよ「無心」という感じになりますね。
うん、それが気づきであるということだと思います。

では、気づきであっても行動はできるわけだね。

そうですね。
あ、そうか、僕が「気づきであると何もできない」っていったのか、、、
何なんだ俺、、、orz

気づきであるということは、心に翻弄されないということだ。
それだけで、余計な予期の影響はほとんどなくなるだろう。
気づいていれば、思考はいずれ断片化して消えていく。
保持する方が難しいくらいだ。
行動に気づいていれば、勝手な思考の入り込む隙はない。
まぁあなたは隙だらけだが。

言いますね(笑)
でもおっしゃる通りだと思います。
隙だらけで、勝手に動く心に翻弄されっぱなし。
以前はもうちょっと落ち着いてなかったかな、、、orz

育児ストレスの影響は大きいだろうね。
子どもができてから、あなたは大きなストレスを感じ続けている。
それだけ大切なのだ。

そうですね、、、大切です。本当に。
だからか、、、
本気で悩んで、本気で苦しんで、、、という3年間でしたからね。
本当に幸せでもあったわけですが。
浮き沈みはすごいものがありましたね。

そうだね。
子どものおかげで、あなたはまた一段と成長するよ。
静かな環境であれば、誰だってそこそこの精神生活ができる。
しかしそれではまだ半分だ。
あなたはあなたが成長するうえで、あるいは元に戻るうえで、この上ない適切な環境にいる。
ストレスの多い今の状況を、自分の進歩とみてもいい。

進歩ね、、、今回結構「どうかしている」とか散々な言われようだったような、、、
まぁいいか。
「気づきであれ」ですね。
それしかないか。
とりあえずまとめると、「予期すると引き寄せる」けど、「予期は自動的に起こっているだけ」であって、「気づきであれば予期による引き寄せの影響もなくなる」というわけですね。
ある意味では、「自動的な心に翻弄されず、ノンストレスで生きろ」と。
そのためには「気づきであれ」と。

そいういうことだ。

ふむ、、、
「気づきであれば予期の影響もなくなる」というところが重要だな、今の僕にとって。
結局「気にしないって無理」というのが悩みの種だったし(笑)
はい。
しかし、早くこの鼻から解放されないかな、、、まじで。

気づきとはほど遠いその表現は聞かなかったことにしよう。
近いうちに乗り越えられるよ。
気づきで在りなさい。
それが「何も気にしない」ということだ。

あ、、、そうか、そうじゃんね!
気づきであるってのは、「予期することすら気にしない」ってことでもあるわけだ。
なるほどねー今になって急に腑に落ちました(何回かこのフレーズ出てきてんのに笑)。
そうか。
気づきであれば、気にしなければ、不要なものは引き寄せない!
これ、素晴らしい解決法な気がする。
そうかー、そうかそうか。わかった。
以前感じてた「オールOK」な感覚に近いんだ。
あーこの感覚、久しぶりに思い出した。
リアルに3年ぶりかも!
今さらな感じもあるけど(笑)、僕にとっては重要な回だったな。
ってか、久々に長くなっちゃいましたね。
5000文字超えてる(笑)
では今日はここまで!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!

☆短いQ&Aをツイッターで実施中!(※詳細⇒「短いQ&Aを始めます」)

質問する。匿名メッセージサービス「マシュマロ」へ
最新の回答をみる。Q&A専用twitterへ

・質問は匿名メッセージサービス『マシュマロ』へ ⇒ 『マシュマロ』みちなるみちに(Q&A)

・回答はツイッター(Q&A専用アカウント)へ ⇒ みちなるみちに(Q&A)

スポンサーリンク