同じ名前のコメントがあった場合、メールアドレスがあれば見分けがつきやすいのではないか

質問への答え(Answers)

同じ名前のコメントがあった場合、メールアドレスがあれば見分けがつきやすいのではないか


- ブログのシステム的に重要なご質問をいただきました。
コメント時のメールアドレス記入欄について、ちょうど『コメント部分の不要なメールアドレス欄を非表示に!やっとできた!【やり方メモ有】』という記事を書いた後だった(だったよね?)と思うんですが、「同じ名前のコメントがあった場合、メールアドレスがあれば見分けがつきやすいのではないか」ということでね。
「あ、確かに!」と思って、できるだけの対処をさせていただきました。
(非表示にしたと思ったら、すぐに表示することになりました笑)
では行きましょう。これが質問と回答だ! -

ツイッターでQ&Aを実施中(ブログ版では加筆してお届け!)


質問No.8

いつもブログの更新ありがとうございます。 コメント時のメールアドレス等の記入欄がなくなりましたが、実は記入欄自体はあってもよいのではないでしょうか。(任意でも)
同じ名前のコメントがあった場合、メールアドレスがあれば見分けがつきやすいのではないかと思うのですが…
コメントする側としてもやり取りの安心感がある気がします。

回答

こちらこそご質問ありがとうございます!
確かにおっしゃる通りかもしれません。
「記入したい」人への自由度が逆に損なわれてしまいましたね。 ちょっと対応してみます!(※うまくできるかは不明)

ちなみに今、コメントを承認なしで投稿できるようにしました!(関係ないか)

メールアドレス等の記入欄の復活(と、記入が任意であることを伝える記述の追加)、なんとか対応しました!
でも、任意であることの記述があまりきれいではないですね…
「メールアドレス(任意)」みたいにしたかったんですが、できなかった…orz
とりあえず、当面これで行きます!

(※ツイッターでの回答ここまで)


- ブログ版追記 -

ご質問ありがとうございました!
ご質問いただいた後の対応についてはこちら『コメントを自由に【コメントは承認不要で公開、メールアドレス欄は任意記入へ】』をご覧ください。
表示はまだ綺麗にできてないけど、とりあえず自由度があがってよかったです。

他者を自由にすると、あなたも自由になる。(←守護さん)

そうですね。

あなたが自由になれば、他者もまた自由になるだろう。

そうかなあ?

違ったかな。

きっかけになり得るとは思います。
でも、僕が自由になると他者が自由になるというのは、そこまで直接的に関係するかなって。
僕側が他者を自由にすると、僕が自由になるというのはよくわかるんですけどね。

あなたが自由でないとき、そこには「とどめ置かれるもの」があるのだよ。
それはあなたにも他者にもある種の足かせとして機能する。

とどめ置かれるもの。

そう。
お互いにとどめ置いているものだ。
みんなでね。
あなたが自由になれば、あなたの分だけ軽くなる。

ふむ。
ということは、僕が自由になっても(僕の分だけその「とどめ置かれるもの」が軽くなっても)、他者は他者で足かせを機能させ続けることもできる?

そうだね。
それは人の自由だ。

なるほど。
まぁ僕が自由になることで、誰かが自由になりやすくなっているんだったら言うことないですね。

誰かが自由になったおかげで、あなたが自由になりやすくなっているということも忘れずにね。(←お守護さん)

あ、そうですね。
逆に言えばそうなのか。
お陰様で、ということですね。

そう。

繋がり合っているわけか。
誰に感謝したらいいかわからないですが、感謝しています(笑)

その気持ちが心にあることが大切ね。

そうですね。
ではそろそろ右手首も限界が近い(負傷中)なので、ここまでにしますね。

軟酥の法を活用してね。

そうします。
捻挫(なのかな?)にも効くんですね。
では、ありがとうございました!

※軟酥の法はこちら⇒『軟酥の法(なんそのほう)のやり方【健康法として、禅病対策として】

 


PS(最後のメッセージ

コメントや質問にブログを育ててもらっていますね(笑)
感謝しています。本当にありがとう!

起こるすべてが最善。
あなたの光が増すよう、元からの輝きに気づくよう、応援しています!

Answers
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
日々の気づき・あるがままの言葉・IFとの対話|みちなるみちに

コメント

タイトルとURLをコピーしました