ブログ運営についての対話【読者目線でブログの構成を考えること】

スポンサーリンク
太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

今回はブログ運営についてのお話です。
読者目線でブログの構成を考えることの重要性を再認識させられる回となりました。
厳しいことばっかり言われたぜ、、、
では本編どうぞ!

ブログ運営についての対話【読者目線でブログの構成を考えること】

やっとイマジナリ―フレンドシリーズもひと段落しましたね。

そうね。

急にブログ始めてから、ここまで一気に突っ走ってきた気がするな。

最近毎日書くようにしたからそういう気がするだけよ。
むしろ、なかなかのスロースタートだったわ。

えっ、そうですか?

(確認してみる)

確かに、、、時期によっては1か月以上更新してない頃もあったんですね、、、
スローだわそれは(笑)

にしても、もうちょっと読者のことを考えてブログを構成したほうがいいんじゃないかしら?

というと?

あなたがどんな人なのか、文中の細字と太字の違いは何なのか、守護霊とは何か、イマジナリ―フレンドとは何か、、、
初めてきた人は、いろいろとよくわからないかもしれないわよ。

あぁ、まぁそうか。
意図せずたどり着いちゃうようなことが起こらないように、記事のタイトルとかは気を使ったりしてたんですけどね、、、
(※以前のブログで「さとうみつろう 誕生日」という検索で来る人が多くてね。
全然そんな文章書いてないぞと思ったら、その記事のタイトルが『「さとうみつろうさん」という誕生日プレゼント』だったんです、、、
誕生日を知りたかった人にはがっかりさせたでしょうね、、、orz)

それはよい心がけだけれどね。
あなたが初めて訪れた読者だったら、このブログをみてどう思うかしら?

もう感動しますよね。

それで?

(いや冗談なんだけど、スルー?笑)
まぁ、参考になるなとか、文章が気に入ったなと思ったら、どんな人なのかって、、、

気になるわよね。

そうですね、、、
あぁ、、、思えばまだプロフィールページもないのかこのブログは、、、orz

横(※PCのサイドバーの部分です)の自己紹介もそっけないし。
「守護霊、あるいはイマジナリーフレンドと対話をする人」なんて、あなた、人に読んでもらう気はあるのかしら?

あ、ありますよ!笑
ちょっと、このブログは急に始まったせいか、忙しい中で不慣れなブログの設定とか頑張る時間はあんまり(ごにょごにょ)

それで?

やります。

私が命じたから?

いや自分の意志です。

ならよろしい。

ってほら、こんなやりとりすると、
「守護霊って、結局『自分の意志でやります』って言わせるよね~」
とか言われちゃいますよ?笑

冗談が通じないと困るわよね。
あなた、冗談が下手だから。

えっと、、、そこ結構気にしてるところ、、、orz
(時々、会話の最中に「冗談だよ?」って話して妻が驚くことがあるくらいなんです笑)

もっと冗談っぽく言うといいんじゃないかしら?

いや、普通っぽく言うからおもしろいってことがね、、、あると思うんだけど、、、
ってか文字だとなおさら難しいですね。

いろんな本を読んで、学ぶことね。
「(笑)」なしで笑っている雰囲気を出し、普通のトーンで読者を笑わせる。
それには腕を磨かなきゃ。

そうっすね、、、
まさか笑いの腕を磨けと言われるとは思いませんでしたよ。

表現の腕ね。
まぁ、書き続ければ、そして読み続ければ上達するわよ。

そうですね。
そうであってほしい(笑)

ちなみに、昔のブログを読んでいた人の中には、「なんでこんなにレベル下がっちゃんたんだろう?」と思う人もいるわよ。

ちょっと、、、
そういうこと言わないで、、、orz

いいじゃない。
それくらい、あなたはいつも素の文章を書いているということ。
そして実際に、以前のブログの後半よりも、今の方が囚われが多くなっている。
それが今、しっかりと表現されているわ。

えっと、、、全然ほめてないよね?
そこしっかり表現されちゃってるんだ?笑

あなたはあなたでいいのよ。
むしろ、すべて決まっていると気づいてもなお、すべてが一つだと、「自分」はいないとわかってもなお、囚われることはあるということ。
そのいいケーススタディね。

がっくしですわ、、、

ということも、プロフィールに載せておくといいんじゃないかしらね。

あぁ!
これブログ運営の話につながるんですね、びっくり(笑)

では取り掛かることね。
空き時間にしかできないんだから。
確定申告の準備も忘れずに。

確定申告、、、
まだほとんど進んでない、、、orz
毎日ブログ更新しろっていうからさ、、、

私たちが命じたから?

いえ!自分の意志です(笑)
ってことで、休日返上で仕事してる合間の更新でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました