コメントを自由に【コメントは承認不要で公開、メールアドレス欄は任意記入へ】

スポンサーリンク
太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

コメントを自由に【コメントは承認不要で公開、メールアドレス欄は任意記入へ】

えーここのところブログのシステム的な記事やQ&A専用ツイッターに関する記事が続いておりますが、今回もそうです(※後半対話あり)。

今回変わったのはコメントに関する部分で、まず、コメントが僕の承認不要で公開される設定になりました。

これまでこのブログにいただいたコメントは、基本的に僕が承認してからコメントとして反映される仕組みになっていました。

というのも、設定の仕方がよくわかってなくてね、、、何をどうしたら自由にできるのか昨日やっとわかって(汗)

僕が承認するまで待ってもらうのも申し訳なかったし、承認する手間も手間だったし。

やっと自由にできて良かったなと思っている所です。

 

そして、この前、「コメント部分のメールアドレス欄を非表示に!やっとできた!」と喜んでいたメールアドレス欄やサイト欄ですが、復活しました(笑)

こちらは昨日ツイッターのQ&Aの方に、「記入欄自体はあってもいいんじゃないか」という質問をいただきまして。

同じ名前の人がいた場合、メールアドレスで差異がわかりやすくなるのではないかと。

それを聞いて、確かになと思ったのと、メールアドレス書きたい人もいる可能性あるんだなと思い直してね。

「メールアドレスを書く自由」はあってもいいよな、と。

ってことで、記入欄を復活させることにしました。

任意なので、もちろん書いても書かなくても大丈夫です。

ただ「より自由になった」というだけなので。

 

でもね、、、記入欄のところに「任意」とか文字を入れたかったんですが、どうしてもやり方分からなくてね(T_T)

コメント欄のタイトルのところに追記するというあまりスタイリッシュではない方法をとっています、、、(悔しい)

まぁ後々、またやり方分かれば調整していきますね。

ということで、コメント欄がより自由になりましたというお話でした!

終わりに(小対話)

よかったわね。(←お守護さん)
どんどん変化している。

そうですね。
ここのところ、急にいろいろ変わり出しましたね。

あなたの気づきのレベルも急に上がったわね。

そうですね。
そう思います。
「気づきである」瞬間が驚くほど増えました。
そのおかげで自動的な反応がだいぶ意識的な対応に置き換えられています。

そうね。

閃き(非言語的な)も増えましたしね。
トップページのQ&Aの画像表示とかも、やり方わかんないしなーと思ってたのが、急にできる気がしてすぐできたし!

心を開いただけ受け取れるのよ。
そういったことについても後々話しましょう。

そうしたいですね。
でも今日は、課題だったQ&Aのブログ化にこれからちょっとだけ挑戦してみます。

少しずつでいいわよ。
楽しめる範囲でね。

そうですね。
仕事もあるし。
では、ありがとうございました!

ひとつ。(←守護さん)

ん?守護さん?

まず一つ、仕事を一歩進めてからQ&Aに取り掛かりなさい。
集中すると、そればかりになるかもしれない。

あ、そうですね、、、
確かに、それは危ないですね(汗)
では、仕事をちゃんと進めつつ、頑張っていきます!

 


PS(最後のメッセージ

不思議な流れが加速しています。
読んでいる方には、もしかしたらシステム的な記事ばかりで物足りないかもしれないけど(汗)

それでも、すべては最善の流れの中にあります。
あなたの光が増すよう、元からの輝きに気づくよう、応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました