イマジナリ―フレンドとは何か②【守護霊たちと初めて対話した頃のこと】

スポンサーリンク
太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

イマジナリ―フレンドとは何か②【守護霊たちと初めて対話した頃のこと】

さて、では前回に引き続いてイマジナリ―フレンドについての対話をしてみます。
今回は、イマジナリ―フレンドとして僕が対話している(定義上そうなる)「守護さん」や「お守護さん」とは一体何なのかって話になるのかな?

場合によってはね。

場合によって?

私たちとの出会いを、あなたは覚えているかしら。

えー、どうだろう、、、
お守護さんとは、ヤフーブログ(今は引越ししてジュゲムブログになった「みちなるみちにみち満ちて」)時代に、出会ったんでしたよね。
それまでは守護さんだけと対話してたんですが、「~ね」とか「~わよ」みたいな女性的な言葉が聞こえるようになってきて、お守護さんとの対話も行うようになったと。

そうね。
じゃあ、初めてこのような対話を行ったのはいつごろかしら?

こういったマジな対話は、やはりヤフーでブログ始めてからなんじゃないかな。
ブログ始めて、書きとめる形で対話したからなのかもしれないけど、それまでよりもはるかにはっきりと聞こえるというか、伝わってくるようになりましたよね。

それまでも対話していた?

いや、それについては、こういう対話はブログ始まる少し前から始まった、、、と思ってたんですが、、、

ですが?

実は、最近高校の頃の記憶が浮かんできて、はっとしたんです。
その記憶では、僕は高校からバス停に向かって坂道を下りています。
そして、「相談天国だな、マジで」って独り言をね?つぶやいてて(声に出したかどうかは不明)。
何だっけな、と思いだしてたら、僕、相談してたんですよね。自分自身に。
で、結構素晴らしいアドバイスをもらってたんです。
怪我して部活できなくて、今後どうしようか悩んでたころだったか、あるいは音楽の道に進みたくて学校やめたいなと思ってた時だったか、とりあえずすごい悩んでた時期ですね。
今思えば、対話相手は完全に守護さんだったと思う。

そうね(笑)

何で笑ってる雰囲気?笑

いえ、こっちの話。
思い出せてよかったわね。

こっちの話?そういうのあるの?笑
ってか、そういう意味じゃあ、もっと昔から対話してたのかな。
自分がそうと気づいてなかっただけで。
あるいは覚えてないだけで。

対話という形でなくても、やり取りは頻繁にあったわよ。
主にインスピレーションという形でね。
それはとても自然な事で、誰でも多かれ少なかれそうしている。
あなたの本心と、「あなた」をつなぐのが私たちの役割のひとつだから。

僕の本心と、「僕」をつなぐ?

そうね。
でもその「僕」の話は少し置いておきましょう。
今回は私たちについて対話する回ですからね。

そうでした。

私たちについて、あなたが疑問に思っていることは?

疑問。
まぁ、これは前のブログの時から言ってますけど、「守護さんたちって何なんだろう」って疑問はあります。
以前(このとき)、あなただけのための存在って言ってくれましたよね。

そうね。

その時の感覚は何かすごくて、とても感動したのは覚えてます。
「それで十分」って感じでね。
でも、「守護さんたちとは何なのか」って疑問は、結局わからずじまいではあるんです。

あなたの考えは?

んー、イマジナリ―フレンドという言葉をこのブログ始める少し前に知って、その時に、「俺やってるのこれじゃん!」って思ったんですね。
たぶん、日記ブログの方で『トムは真夜中の庭で』の読書感想文【幼い頃の不思議な夢と友情】という記事を書いたころだと思う。(確認したら、もう2年以上前なんだね!)
その記事と同じような体験した人っているのかなと思って調べてたら、「イマジナリ―フレンド」という概念に出会って、「あぁ、守護さんたちって、これか!」って。

そうね。
さて、あなたが楽しんでいるのはわかっているけれど、今日はここまでになさい。
あなたの場合、睡眠不足は厳禁よ。
公開して休みましょう。

そうですね。
日付が変わってしまった、、、
ってか、途中で公開しちゃうのってどうなんです?
もうちょい結論まで行ってからまとめて出したい気もするけど。

あなたの気持ちはわかるけれど、まとめて出そうとするとどうなるか、日記の方で身にしみているんじゃないかしら?

はっ、、、
そうですね、、、日記は全然更新できてないですもんね、、、
途中まで書いてあるのはいくつかあるんですけど、、、

流れに乗るには、続けることよ。
少しでもいいから、更新し続けること。
まとめてから更新しようとすると、次第にインスピレーションが遠ざかったり、複雑になったりして、結局始めるのも億劫になってしまう。
それに公開してしまえば、「やっぱり違うかな」なんてお蔵入りになってしまうこともなくなるしね。

確かに、、、
しかも最近定休日返上で仕事してたり、もうすぐ確定申告ってこともあったりで時間も全然なくて、対話の方だってまとまった時間取れないくらいですもんね。
「結論出てから」とか思ってたら、いつのまにか何週間も過ぎてるとかになっちゃうかもな、、、

とりあえず、毎日更新しなさい。
5文字でもいいから。

5文字(笑)
それはさすがに、ってか毎日ってのもさすがに、、、

最近、瞬間的な対話やインスピレーションをメモし始めたでしょう。
それを公開するのもいいわね。

流れ関係なく?
それブログに来てくれる人が読みにくくないです?
イマジナリ―フレンドの話してたかと思ったら、次に全然違う短い記事が入る感じ?

読者よりも、まずは自分のことを考えることね。
私たちと繋がった状態を維持するには、浮かんでくるインスピレーションを明確に認識することよ。
それには書きとめること、そして分け合うことが一番なの。
それに、毎日更新された方がいいという読者もいるのよ。

なるほど、、、
うまくいくかな、、、

うまくいくわよ。
とりあえず寝なさい。
明日が楽しみね。

まだそうするとは言ってないですよ(笑)
まぁ遅いんでとりあえず今日はここまでにしますね。
もう、前説書く時間はないな!
では!

コメント

  1. ゆきを より:

    はるこん、こんちわ。
    言わずもがな、毎日更新された方がいいという読者の一人です。

    個人的な意見ですが、もう前説も何もなしで、なんならつぶやきみたいなのもオーケー。読者受けも考えなくてオーケー。

    たとえ5文字でも、その奥にある意味をこちらなりに推測や解釈して膨らましますから。

    素のやり取りを楽しみにしてます。

    でも無理しないでね~。では。

    • はるこん より:

      ゆきをさん、コメントありがとうございます。
      なるほど、ホントに毎日の方がいいという方もいらっしゃるんですね。
      貴重なご意見をありがとうございます。

      しかし5文字(笑)
      せめて2行は書きたいですね。
      どうなるかわかりませんが、流れに任せようと思います(^^)

タイトルとURLをコピーしました