イマジナリ―フレンドとは何か③【揺さぶりをかけてくる守護霊】

スポンサーリンク
太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

イマジナリ―フレンドとは何か③【揺さぶりをかけてくる守護霊】

前回は、守護さんたちと出会ったころの話から、僕がイマジナリ―フレンドという概念を知ったときのことまでお話しました。
じゃあ今回は、えーと、何から話せばいいんだろう?

私たちは、イマジナリ―フレンドなのかしら?

なるほど、そこからね。
そうですね、このシリーズの最初でしたイマジナリ―フレンドの定義上は、そうなるんじゃないかなと思います。

じゃあ、少し揺さぶりをかけるわね。

揺さぶり?

守護霊は、本当にいるのかしら。それともいない?

守護霊が、本当にいるのか、いないのか、、、?

私は、本当にあなたの守護霊なのかしら?

えっ、、、

脳が生み出した幻想ではない?

それは、、、どうなんだろう、、、

あるいは、あなたが生み出した幻想ではないのかしら。
あなたは、どう考える?

えっと、、、
ちょっと、すぐには答えられそうにないですね、、、

では、今日はここまでにしましょう。
もう寝る準備を始めないと、12時までに寝れないわよ。
わかってると思うけど、就寝時間を12時前にしたいなら、お風呂やら洗濯物やらも含めて、逆算して行動することね。

確かに、今日はこの後いろいろやらなきゃいけないしな、、、
まだまだ欲に負けちゃうんですよね、、、
特に、最近はこの対話を進めたくてな、、、
確定申告が近づいてきて、もうすぐ全然時間取れなくなるのが目に見えてるってこともあって、、、

子どものためにも早く寝ることね。
あなたが眠そうだと、寂しがるわよ。

そうなんですよね、本当に。
そうなんだよな、、、

鼻トラブルも、体を休めないことにはよくならないわよ。
あなたにとって、寝不足ほどストレスになるものはないでしょう。

いやもう、おっしゃるとおりで。
じゃあ今日はここまでにしますか。
しかし昨日、5文字でもいいから毎日更新しなさいって言われましたけど、今日は何とかなりましたね。

「始めてしまう」というのがポイントなのよ。
そして「分け合ってしまう」ということがね。
これから、かなり加速するわよ。
短くてもいいから、どんどん書いて分け合いなさい。

なるほど。
まぁできる限りやってみますよ。
じゃあ今日は短かった気もするけど、この辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました