形而上ではすべてが同時に起き、その認識の過程で現象が順々に進む

スポンサーリンク
太字が守護霊、細字が僕(はるこん)です

形而上ではすべてが同時に起き、その認識の過程で現象が順々に進む

始めよう。
形而上で、
すべてが同時に起こっている。
それを現象化する過程で、まさに過程が現れる。
それについてあなたはどう思う?

前回の続きですね。
いくつか気づきもあり、僕なりの考えははっきりしてきた気がします。

それで?

とりあえず普通の話からすると、僕らは現象を認識しています。
その認識では、物事は順々に起こっているように見えます。
ある出来事から次の出来事へと人生は進んでいて、そこには因果関係があり、場合によっては予測すらできる。
そう思っています(たぶんこの感じを守護さんは線型的と呼んだのかなと思う)。

今のあなたの基本的な認識のスタイルだね。

そうですね。

それで、形而上では?

形而上というのは、形を超えたところでという意味ですよね?

そうだね。

意味を調べてみたら、感情や感覚とかも形而上に入るような記述も見かけましたけど、たぶん守護さんはもう少し、そういったものを超えている部分を言っている?

そうだね。
この話では、感情や感覚は形の部類に入る。

ですよね。
で、もしかしたら、その形を超えた部分では、物事がすべて同時に存在しているのかもしれない。

かもしれない?

だってほら、僕は守護さんに言われただけで、そう完全に実感したわけじゃないし。

健全な批判的態度というわけだね。

そういうことです。
わかっていないことを信じちゃいけないという信条があるんでね。
で、話を進めると、例えば昨日取り上げたDVDであれば、物語はすべてディスクの中に存在します。
言ってみれば、物語はディスクの中で同時に、一気に起こっている。
でも、僕らがそれを観るときには、順々に観ることになるんです。
認識するときには、順々に認識しなければならない。

しなければならない、というわけではないがね。

同時にすべてを認識しちゃうということがあるんですか?

あるよ。
表現はできないが。
表現しようとすれば、順々になってしまう。
芸術家の一部は、そうならないよう努力している。

同時に存在している物語のすべてを、そのまま一気に表現する試み?

そう。
さて、話がずれてしまったね。
あなたのDVDの説明はなかなか的を射ている。
形而上ではすべてが同時に起き、その認識の過程で現象が順々に進む。

あの、僕は「もしそうだとしたら」という姿勢で話を聞いていいんですよね?

もちろんそれが望ましい。
心を開きつつね。

そうします。

では行こう。
形而上ではすべてが同時に起き、その認識の過程で現象が順々に進む。
もしそうだとしたら、あなたが今していることは、何なのだろう?

僕は今対話を書きとめていますが、、、
いや、書きとめているという、、、認識をしてる、、、?
形而上で一気に起こった対話を、順々に書きとめている、、、?

ある意味ではね。
だが、書きとめるということさえ、形而上で同時に起こっている。

同時に起こっている、、、
「既に起こった」という表現でもいいんですか?

いや、同時に起こっている。
あるいは同時に存在している。

、、、

そこに順番はないのだよ。

、、、

表現できないと言ったね?

あっそうか、、確かに全然表現できない!笑
じゃあ、えーと、この先何を話せば?

自分が「今まさに、形而上のDVDを順々に観ているのかもしれない」ということについては、心を開けたかな。

そうですね。
心は開けてるんじゃないかなと思います。

あなたは、そのDVDが好きかな。

バーンノーティスのDVDが?

いや、あなたが今人生と呼んでいる、あるいは現実と呼んでいるその認識のことだよ。
冗談が好きだね。
その軽さは大切だ。

それはどうも(笑)
問いにちゃんと答えると、まぁ、好きだったり、嫌だったり、いろいろです。
良いこともあるし、嫌なこともあるし。
でも基本的に満足して生きています。
いろいろと恵まれているとも思うし、導かれているとも思う。
幸せです。

それはよかった。
だが今のあなたは、その嫌な部分について、否定しがちだね。

そうですね、、、
あっ、てか、それも形而上で同時に起こっているんんですか?

そういうことだ。

嫌なことが、形而上で同時に起こっているって、、、
誰が起こしてるんです?

誰が起こしているというわけではない。
だが強いて言うなら、みんなでだ。

みんな?
当事者同士ってこと?

いや、みんなと言ったら、みんなだよ。

ミンナ、、、

そう。
存在するすべて。
すべてが、一気に、同時に起こっていると言ったね。
そこには仲間外れは存在しない。
形而上で、あなたがたはひとつだ。

(つづく、、、たぶん)

コメント

タイトルとURLをコピーしました