潜在意識?気が乗らない、選択に迷った時の進むべき道の決め方

守護霊との対話

潜在意識?気が乗らない、選択に迷った時の進むべき道の決め方


- やりたいことがたくさん頭の中にあるのに、いざ行動に移そうとすると結構なブレーキがかかることがある。
今日も仕事の空き時間に、かねてからいろいろと考えていたことを実行に移そうとしたら、全然気が乗らないという展開。
行動し始めてしまえばやる気が芽生え、うまく進められるということはある(脳科学的にも)から少し始めてみたけれど、今回はそれでも何かが行く手を阻む感覚。
「あれ、なんか違うのか。じゃあ何するかな、、、とりあえず一旦瞑想(軟酥の法)で!」
と軟酥の法を実践していたときに始まった対話 -

※軟酥の法についてはこちら ⇒ 軟酥の法(なんそのほう)のやり方【健康法として、禅病対策として】


英断ね。(←お守護さん)

軟酥の法を始めたことが?

それもある。
でも一番は、本心を、気が乗らないということをよく感じ、思いとどまったということ。
まずは軟酥の法を下までやり切りなさい。

(軟酥の法実践)

よし、終わりました。
なかなか爽快です。
しかし、いろいろやろうと思っていたんですが、今日は思いとどまってよかった?

聞くまでもないこと。
選択はいつもベストなのよ。
近視眼的にはそう見えなくてもね。

そう見えないこと多いですからね、、、
今回のこの気が乗らない感覚と言うのは、潜在意識(あるいは無意識?)からのメッセージとでも言うべきもの?

いろいろな表現ができる。
潜在意識からのメッセージ。
あなたの望む未来からの招待。
守護霊の導き。
神々の囁き。

ついに神々に囁かれてしまったか、、、(冗談)
でもさ、「気が乗らない」というメッセージって、難しいですよね。
「気が乗る」じゃなくて、「乗らない」方だと。
一瞬、「じゃあどうすれば?」ってなっちゃう。

気が乗らないときの、進むべき道の決め方がわからない?

そういうことです。
気が乗らなかったり、迷ったりしていることがはっきり意識的にわかっているとしても、「じゃあどうすりゃいいんだ?」ってなることはあって。

瞑想、軟酥の法は役に立つでしょうね。
心の表面的なさざ波が落ち着けば、そこには「本当」が見える。

道はいつだって示されているの。
「気が乗らない」方ではなく、「気が乗る」方のね。
あなたが気が付かないだけ。

あーなるほど。
だから今日、僕が一旦とどまって軟酥の法(兼瞑想)を選択したのは「英断」だったと。

そういうこと。
時には「何もしない」が最善ということもある。

わかります。

しっかりと本心を感じて、気が乗る方に進むこと。
それは、潜在意識を活用する、未来を思い出す、インスピレーションに従う、ということと同じ。
そしてどれも、理想像がはっきりとしていると、よりわかりやすくなるでしょう。

理想像?

そう。
ただ何かを始めようとするよりも、その行動が何につながるのか、達成したらどんな感じになるのか、ということが明確であればあるほど、気持ちは高まるものよ。
「気が乗らない」にしても、「気が乗る」にしてもね。
それに理想像がはっきりしていれば、「本心ではやりたいのにやる気が起きない」といった現象も少なくなる。

なるほど、、、あーなるほどそうかそうか。
繁栄の法則と同じか。
理想像を明確にすれば、本心を感じやすくなって、選びやすくなると。

そういうこと。
そしてもちろん、それは心が落ち着いていればいるほどわかりやすい。

情熱のある落ち着き?

そう言ってもいいわね。
表面的な心に惑わされず、意識的に見守る視点、囚われのない心で、本心から行動すること。

そうですね。
あ、でも、例えば、自分の自由にならない仕事上の締切とかがあったりするのに「気が乗らない」場合とかはどうなんでしょう?

一概には言えないわね。
あなたは約束を守りたいと思っているし、仕事をちゃんと遂行したい。
その気持ちがあれば、それを破綻させるような動きにはならない。
もちろん、あえて破綻して、新たな道を選ぶという選択もあるでしょうけれど。

あえて破綻(笑)
破綻せずに新たな道を選べるといいですね。

そうね。
本心をしっかり感じて行動していれば、スムーズに事が運ぶでしょう。
荒療治は必要ない。
さて、今回はこのくらいにしましょう。
仕事があるのだから。

そうでした(汗)
よし、頑張ります!では!

 


PS(最後のメッセージ

「気が乗らない」感じから意外な対話になりました(笑)
選択に迷ったら、心を落ち着かせ、本心を感じて進むべき道を決めるのが一番だと。
それには理想像が明確だといいと。(=繁栄の法則

今日みたいな「気が乗らない」日も含め、すべてが最善の道の上。
あなたの光が増すよう、元からの輝きに気づくよう、応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました