守護霊からの一言メッセージ【閉ざしかけた心に光が差す】

スポンサーリンク
守護霊からの一言メッセージです。(守護さん)

守護霊からの一言メッセージ【閉ざしかけた心に光が差す】


- 今日は娘(3歳5か月)がお風呂で癇癪を起した。
娘は髪から落ちるお湯を風呂桶に溜めて遊んでいたのだが、それを知らずに妻が桶を取って水を汲んでしまったのだ。
その後大号泣。何をどんな風に言っても言葉が通じない。
お風呂場ゆえにその声はより響き、頭がくらくらするほどだった。
困りながらも、その泣き声に苦しくなりながらも、何とかその場を治めた時のメッセージ ー


 

何もかもが順調である

それは真実だ

だがそう思えないこともあるだろう

それでも少しだけ

疑問を差し挟んでみるといい

 

「うまくいっているようには見えない。

それでも、少しは成長した部分があるのではないか?

それでも、これが善きことにつながっている可能性は、ゼロではないのではないか?」

 

その疑問から

閉ざしかけた心に光が差す

強張った身体が緩やかになる

あなたは自然と明るい道を歩み始める

 

何もかもが順調である

それは真実だ

 

 

PS
その後、髪から桶にお湯を溜めるのを手伝ってあげて、楽しく湯船につかってでてきました。
あー大変だった、、、
子どもの切り替えの早さってすごい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました