ミラクルのご報告!

スポンサーリンク
ご報告

ミラクルのご報告!

えー、今回はご報告です。

実は、予想外の奇跡が起きまして、、、

なんと、、、

この度、、、

 

第二子、授かりました!!!

 

びっくり嬉しい!

そうくるかー人生!

人生!!

じんせーーーーーーい!!!!!

 

ひどいつわりに苦しむ妻のために、

お姉ちゃんになる、幼稚園頑張っている娘のために、

がんばるよ!!

がんばるぞ!!

 


PS(最後のメッセージ

すごいプレゼントだわ!
新しい命よ、元気に育ってくれ、、、!

流れはすべて最善、、、!
あなたの光が増すよう、元からの輝きに気づくよう、応援しています!

※今回は書いてすぐの更新にしました!

ご報告
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
みちなるみちに~守護霊、あるいはイマジナリーフレンドとの対話

コメント

  1. りりりん より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • はるこん より:

      りりりんさん、コメントありがとうございます!

      嬉しさが伝わったようで、僕も嬉しいです(^^)
      娘もちょうど「赤ちゃん欲しい」と言っていたところだったので、喜んでいます!

      つわりはね、、、本当につらい時期で、大変です、、、
      なんとかサポートしております(+_+)

      ブログ、少しずつですが、楽しんでもらえるよう頑張りますね!

  2. ぶらぼー より:

    はるこんさん

    おめでとーさん!\(^-^)/

    つわりは、お母さんと生まれてくる赤ちゃんのキャラを摺り合わせしている段階で、夫婦喧嘩もそうですが、そういった状況で酷くなったりするみたいですよ。

    お母さん、お父さんが、生まれてくるお腹の中の赤ちゃんに話しかけて、どこらへんでしっくりきていないのか、尋ねるといいかもしれないですね。

    おめでとうございます。

    • はるこん より:

      ぶらぼーさん、コメントありがとうございます!
      お祝いのコメントをいただけて光栄です!

      つわりについて、そんな話もあるんですね!
      (性格の差由来のつわりの軽重については聞いたことがある気がします)

      夫婦喧嘩は滅多にないのであれですが、、、
      「赤ちゃんにとって何かしらしっくりきていない部分」をお腹の中の赤ちゃんに尋ねて、返答を待つ感じですか?(、、、赤ちゃんから返答が!?)

      参考書等あればご教示いただきたいかもです!笑
      (妻のつわりが軽くなるなら何でもしたい)

  3. ぶらぼー より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • はるこん より:

      ぶらぼーさん、名前について、こちらで訂正しておきました!
      コメントありがとうございます!

  4. ぶらぼー より:

    はるこんさん

    参考書今思い出てこないので、また思い出したらお知らせします。

    お母さんと生まれてくる赤ちゃんとの間で、すり合わせをしていく上で、ギャップが大きいとつわりになるみたいです。誰でもストレスかかると痒くなったり・ムカムカしたり、長く居続けられない場所にどうしても居ないといけない場合は吐き気を催すことあるじゃないですか。受け入れたくない・飲み込みたくないってことの現れですよね、吐き気って。

    つわりは吐き気と本質的に共通する部分があると思います。

    生まれてくる赤ちゃんは、自分が大切にしたいものを持って生まれてくるそうです。それが、今のお母さん(はるこんさんの奥様)とバッティングするところがあるんだと思うんですよね。ここでお父さん(はるこんさん)の登場、パチパチ!o(^▽^)o。お母さんと赤ちゃんの間で、二人の橋渡しができます。ハルコンさんが、赤ちゃんに「今気持ちいい?大丈夫?辛いことない?」などと声を掛けてあげると、赤ちゃんがお母さんとすり合わせ中のこと、はるこんさん聞こえてくると思います。はるこんさんがピンときた時、言葉にするとお母さんにも伝わるので、お互いの間にあるものが溶け始め、二元性において両極の片側を取りに行こうとするのが人間ですが、それが統合されていくんだと思います。

    全部が全部、胎内にいるときに統合される必要はないのでしょうね。生まれてからすることなくなるので。なので、お母さんのつわりが、許容範囲に収まってくれば、あとはどちらでもいいのかと。。。

    大切なのは、はるこんさんが義務感・使命感なく、心にゆとりある開いた状態の時に、三人で会話を楽しむことで、どんどん緩和していくのではないでしょうか。二人目ですし、大丈夫だと思いますよ。

    私の母もつわりが酷かったとしょっちゅう聞かされました。「私が心の奥底で大切に思う宝物たちと、母のキャラを照らし合わしたら、そりゃそうだよな〜」ってなったのを思い出しました。笑

  5. ぶらぼー より:

    お母さんと赤ちゃんの間でバッティングするものって、必ずしも、価値観の対立みたいな構造ではなくて、二人とも同じように大切に思っているのだけど、お母さんの方は目の前のことで一杯になってたり・顕在意識の考え(社会常識・幼少より刷り込まれてきたもの)の方がパワフルで、大切なのに心の奥底へ追いやられてしまっているものがあって、それを赤ちゃんが教えようと・思い出してもらおうとしていることもあるそうです。

    • はるこん より:

      ぶらぼーさん、たくさん書いていただいてありがとうございます。
      いろいろとお詳しいんですね!

      >心にゆとりある開いた状態の時に、三人で会話を楽しむことで、どんどん緩和していく

      これ重要だなと思いました。
      できるだけ話しかけて、耳をすませたいと思います。
      娘(1人目)の時もそうしていましたが、もしもつわりがそれで軽くなったらなおいいですね!

      これだけの文章を書くのはなかなか大変だったことと思います。
      ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました