願いを叶えるには犠牲はつきもの?【未来を思い出すことへのブロック】

未来を思い出す

願いを叶えるには犠牲はつきもの?【未来を思い出すことへのブロック】


- 今回は、願いを叶えるには犠牲はつきもの?というお話です。
「未来を思い出す」ことについての話の中で、前回

「今、何に気が乗るのか」という部分で生きていくだけでいいなら、特段新しい未来や理想像を描く必要もないのでは?

という僕の質問に対し、お守護さんは

「あなたはまだ、固定観念や変化への不安に縛られている」と伝えてきました。

そう。ブロックがね、あるんです(T_T) ってことで、これが対話の続きだ! -


あなたはまだ、固定観念や変化への不安に縛られている。
それはわかるかしら?(←お守護さん)

まぁわかる気がします。

それらが未来を思い出すことへのブロックとなり、立ちあがってきた未来のイメージ・理想像を瞬時に消し去ったり、直感を鈍らせたりしていることも?

えー、そうですね、、、薄々感づいてはいるところで、、、

あなた、欲しいもの、したいことがたくさんあるでしょう。

あります。

でも、ほんの一部を除いて、それらを得るイメージはすぐに消してしまっている。
像を結ぶ前に。

はやっ!
像を結ぶ前に消しちゃうなんて何がどうなってんだ(笑)

怖いのよ。

コワイ?

怖い。

どうして?

大きな変化がやってくるから。
そして願いを叶えるには犠牲がつきものだという固定観念・先入観があるから。

あぁー、、、

だから、大きな理想は敢えて描いていない。
すぐ対応できそうな、手が届く範囲のお手軽なイメージのほうを選んでいる。

敢えてお手軽ね、、、(耳が痛い)

「今、気が乗る方へ」というスローガンは立派だし実際大切な事。
でも、怖れと固定観念でがんじがらめでは、感じる「気(※=本心)」もそれなりなのよ。
もちろん、それを超えたいという本心をあなた自身が感じられているからこういう対話になっているわけだけど。

ぐうの音もでませんね、、、(耳がもう大変だよ、、、)

欲しいものがあるなら、欲しいものを得たというイメージをしてみなさい。
願いが叶ったイメージをし、その感覚に浸ること。
それが繁栄の法則の基本だったでしょう。

言っておくけど、あなたは最初大分抵抗を感じるはずよ。

イメージするだけなのに?そんなに?

イメージして理想が叶っている感覚に浸ることがどういう影響を及ぼすのか、意識のどこかでわかっているのよ。
あなたが今の仕事場について図らずも「未来を思い出した」時、その後のあなたがどうなったか覚えているでしょう。

覚えているも何も、この前その話書きましたからね。このブログで。
まぁ確かに、そうか。
あの時は、もう見えたイメージに向かって突き進んだもんな、、、

あなただけじゃない。
世界全体がその方向に向けて動き出す。
あなたは行き、向こうはやってくる。

そりゃすごい、、、

そういうものなのよ。
それに、イメージしてみれば、未来を思い出すことへのブロックにも気が付くでしょう。
願いを叶えるには何かが犠牲になるのではないかといった固定観念や恐れに。

え、その未来を思い出すことへのブロックに気が付いたらどうしよう?

良く見つめてみることね。
そして手放す。

できんのかな、、、

まずはイメージしてみなさい。
何が起こるか、話はそれから。

わかりました。
では欲しいものを得たイメージ、してみます!

※仕事場について、「未来を思い出した」実話はこちら↓

① 「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験【本当の話】

② 「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験②

③ 「未来を思い出す」ことで奇跡を引き寄せた実体験(最終話)※対話有り


PS(最後のメッセージ

願いを叶えるには犠牲がつきものっていうね、、、
そういった固定観念と変化への不安が、未来を思い出すことへのブロックになっていると。
そうだよなーと、しみじみ思った回となりました(T_T)

それも含めて流れは最善。
あなたの光が増すよう、元からの輝きに気づくよう、応援しています!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 精神世界ランキング
よかったら上のボタンをクリックしてください☆
クリックしてもらえると、このブログに1票が入る仕組みです(1日各1回のみ)。応援ありがとう!
未来を思い出す【引き寄せの法則】
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
はるこんをフォローする
みちなるみちに~守護霊、あるいはイマジナリーフレンドとの対話

コメント

タイトルとURLをコピーしました